766 2024 穀雨
2024/04/19
今日は二十四節気の一つの「穀雨」(こくう)です。この時期になると暖かな雨が降り、植物を潤します。人の気持ちも潤します。良い季節です。

765 無事安穏
2024/04/18
「ぶじあんおん」と読みます。普段と変わりなく、世の中の暮らしが穏やかで安らかなことです。世界中がそうであってほしいです。

764 それだけ
2024/04/17
「それだけ」がいいんです。「それだけ」でいいんです。何事も欲を出したらよくないです。

763 あれもこれも
2024/04/16
欲が大きすぎると、だいたい失敗しますね。何事もほどほどがよいみたいです。

762 教育実習
2024/04/15
小学校教員を目指していた21歳の頃、教育実習に参加した小学校に数十年ぶりに来ました。懐かしいさと少しばかりの後悔を感じました。その後、小学校教員にはなれませんでした。

761 映画撮影
2024/04/14
嵯峨の清凉寺境内で時代劇の映画の撮影をしていました。一つのシーンを撮るにもかなりの時間をかけて、しかも10人以上のスタッフさんが準備をされていました。子どもの頃も近くの神社などで撮影現場を見たことがありました。

760 比叡山遠景
2024/04/13
京都市内の中心部から見える比叡山は少し見上げるように高く感じます。京都の西の嵐山から見える比叡山は少し小さく感じます。しかしどこから見ても映えます。

759 阪急沿線
2024/04/12
阪急京都線のいくつかの駅に桜が咲いています。毎年楽しみにしています。いつまでも観たいものです。

758 桜餅
2024/04/11
年中、食べることが出来ますがやはり春が旬です。関東風と関西風があるとのことですが、これはもちろん関西風で関東風は食べたことがありません。

757 桜並木Ⅲ
2024/04/10
歌川広重の「小金井橋夕照」(1838年)です。夕方の河川敷の桜並木が華やかに描かれています。

さらに表示する